株式会社エクストリンク様 -インタビュー-

起業10年目の起業にフォーカス、活躍する経営者に起業からの10年間の活躍や苦労について語っていただきます。

 2016-06-24-16.08.06-3[2]

BA7A1648代表取締役の廣瀬雄一氏

第二弾の賢者は、モバイルショップやシステムコンサルティングを全国展開するIT企業、株式会社エクストリンク代表取締役の廣瀬雄一氏。
時代の荒波に紆余曲折しながらも快進撃を成し遂げた波乱の10年についてお話を伺いました。

会社名 : 株式会社エクストリンク

氏名  : 廣瀬雄一 yuichi hirose

設立  : 2006年5月

事業内容:
. モバイルソリューション事業
. システムコンサルティング事業
. WEBソリューション事業
. コールセンター事業
. システム開発事業
. パートナー事業

所在地 : 大阪府大阪市北区曽根崎2-3-5 梅新第一生命ビルディング16F

WEB   : http://www.extlink.co.jp/


Q1. 創業のきっかけ


18歳の頃から経営者として生きていこうと決めていました。
しかし、当時の私にはヒトモノカネはもちろん、何のノウハウも持ちえない状態でした。
経営者になるには、まずは営業だという理屈だけあって、当時ベンチャーとして活躍中の某IT企業へ営業として入社しました。

会社が上場後、私は1500人規模のグループ会社の経営を任されることになりました。
経営者として仕事ができるのは良かったんですが、やはりサラリーマン社長なので、100%権限があるわけではないんですね。感覚的には70%くらいの意思決定権しかない。そこにわだかまりが生じ始めました。

そんな中、10人程の小規模で新規事業が立ち上がる話があり、その経営を社長としてやってくれとオファーがあったんです。
考えた結果、イチから小規模事業を70%の権限でやるなら、自分で起業してやろうと。
そしてエクストリンクが生まれました。

社章修正 BA7A1684


Q2.今までで一番辛かったこと


正直、そこまで辛いと感じたことはないですね。
これは、辛いとかピンチという事に対しての捉え方や考えかたの問題なのかもしれません。
常にピンチはあるし、今だって苦しいですが、それは決算上のことだけであって、進捗が悪くても「絶対いける」と思っているんです。常に押し寄せるピンチに対していちいちネガティヴになってられないんですね。

弱気になると決断も鈍るし、いい結果にはなりません。
従業員は志が高く、信用しているので、きっと乗り越えられるはずだと。
逆境を乗り越えることができれば、人間は大きく成長できますので、逆にピンチはチャンスだと考えています。

社章修正 BA7A1660


Q3.今までで一番うれしかったこと


10期目で、売上100億円を達成したことです。
これは何といっても社員全員の組織力で達成できたことが何よりも嬉しいですね。

7期目を終えるとき、売上は40~50億円程でした。このままその水準を保っていくのか、更に伸ばしていくのかを考えましたが、従業員の給料水準を上げていくためには会社を大きくせざるを得なかったんですね。
そこで「第二創業期」として、10期までの3年で100億を達成しようという目標を掲げました。規模を拡大するために新卒をとってオフィスも移転しました。

移転した現在のオフィスはワンフロア340坪ありまして、当時の従業員数だと120~130坪くらいしか使わないので、半分は空家賃状態だったんです。しかし、先を見越して思い切って移転しました。このオフィスを満席にするぞというモチベーションにもなりましたね。(※現在ではスペースが足らず、新たなスペースを確保中!)

社章修正 BA7A1704


Q4.今後の展望


私は今年で46歳なんですが、61歳で引退すると決めています。
それまでに売上1000億円、グループ会社100社達成というビジョンがあります。
それに伴い、11期~15期の5年間を「ビジョン2021」と題して、売上300億円、従業員1000人を目標として掲げています。

創業者が抜けると何かとうまくいかないこともあると思うんですが、
しっかりしたグループ会社を作っていくことで、万が一エクストリンク本体に危機あっても踏ん張れるかなと思っています。

引退後は溜りまくったマイルで妻と旅行に行く予定です(笑)

2016-06-24 16.07.11

エントランス

<取材を終えて>
みなぎる闘志に終始圧倒されっぱなしの私達に、時に爽やかな笑顔で和ませてくれる廣瀬社長に取材班一同あっという間に惹き込まれてしまいました。
人を惹きつけ、この人となら面白い事になりそうだと思わせる力がある廣瀬社長。
経営者に不可欠なリーダーシップ力に溢れた愛のある方だと感じました。
やはり実績を作れるビジネスパーソンは、人より先を見据え、未来で戦うイメージを常に持っています。それを具体的なビジョンに落とし込み、仲間たちと共有することで個人では成し遂げられない実績を得ているのでしょう。

常にポジティブ思考で、10年間連続で増収増益を有言実行されてきた廣瀬社長率いるエクストリンク。創業以来の売上高推移は、こんな角度の右肩上がりグラフはあまり見たことがないと感じることでしょう。(※オフィシャルサイトで見れます!)

BA7A1746

エントランスではソフトバンクの pepperくんがお出迎えしてくれます。法人用導入台数ではなんと全国2位だそうです!

前向きな廣瀬社長でした!

※取材を希望される企業の経営者様は、下記よりご連絡をお願いします。当社担当者より、ご連絡申しあげます。<こちらをクリックの上お申し込みお願いします>